私写真论

编辑:跌跤网互动百科 时间:2019-12-14 22:12:14
编辑 锁定
生の在り方となまなましくも分かちがたく结びついた表现の数々!苦痛も愉悦も放心もエクスタシーさえも…存在の根源的な谜を突きつけ、私たちを揺るがしてやまない「私写真」の本质とは何か。
书    名
私写真论
作    者
飯沢 耕太郎
ISBN
9784480876140
页    数
232p
定    价
2,730
出版社
筑摩書房
装    帧
B6判

目录

私写真论内容简介

编辑
表现の深い渊をのぞく、书き下ろし日本写真论。
1 歴史と展开
2 写真家たち(中平卓马―纯粋写真家の隘路;深瀬昌久―“私”という病;荒木経惟―阳子と荒木たち;牛肠茂雄―他者としての“私”)
3 「私写真论」ふたたび
中平卓马、深瀬昌久、荒木経惟、牛肠茂雄ら自身の「生」と结びついた作品の本质をたどり作家と表现との极限を探る。
[1] 
参考资料
词条标签:
出版物 书籍